診療科のご案内

放射線室

骨密度測定

当院では骨密度測定はDXA法を用いています。DXA法とは「Dual Energy X-ray Absorptiometry」の略で、2種類の異なるX線を照射し骨と軟部組織の吸収率の差で骨密度を測定する方法です。測定部位は人間ドックの場合は股関節1箇所、外来患者様は腰椎と股関節の2箇所です。骨密度が低下すると腰椎では圧迫骨折しやすく、股関節では転倒時の骨折などが増えるため、この2部位での測定を行います。撮影した画像から解析をする必要があるため、結果がでるまでには時間がかかります。

測定結果は同年代との比較、及び骨密度の最も多い若い年代との比較の2つを出しており、その値によって正常から要精検までの判定をします。そのため自身の骨密度がどの程度か把握し、骨粗しょう症予防につなげることが出来ます。また定期的な骨密度測定を行うことで骨粗しょう症の早期発見につながります。