診療科のご案内

放射線室

救急撮影室

当院の救急撮影室にはX線CT装置、X線撮影装置、ポータブル撮影装置がそれぞれ1台ずつ配備されています。

救急撮影室では急性期の内科系疾患や外傷を負った患者様などを主な対象としてX線CT、X線撮影を行います。CT装置は16列MDCTを備え、疾患に応じた再構成(MPRなど)や3D表示が可能です。

撮影室は救急処置室と隣接した配置になっており、検査が必要な救急患者様の画像検査がすぐに行える動線になっています。また、心臓カテーテル室とも接しているため急性期の心疾患にも対応しています。救急搬入口から処置室、撮影室が近いこともあり医師、看護師や他の関連職種との連携や情報共有が図りやすく、チーム医療が実践されています。

さらに当院は東伊豆地区において小児医療24時間365日を実践しています。救急撮影室には乳幼児専用のX線撮影用固定具を備えており、小児のX線撮影が安全に行えます。

日常の救急診療を支えるため、部署内で症例検討を行うなど地域医療に貢献できることを目指しています。