各診療科のご案内

免疫アレルギーセンターのご紹介

免疫アレルギーセンターは、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどの疾患に対して、小児科、呼吸器内科、皮膚科、耳鼻咽喉科が中心となり、他のメディカルスタッフとの連携を緊密にとりながら、患者様に最適な医療をご提供することを目的に開設いたしました。
アレルギーの多くの病気が乳幼児期から始まります。生後2〜3か月頃、口のまわりや頬などに湿疹が出るところから始まり、やがてアトピー性皮膚炎や食物アレルギーや気管支喘息などが発生します。2歳を過ぎるころから花粉症等、アレルギー症状が進展していくことがみられますので、早期から予防治療を行うことが重要です。
一方、さまざまなアレルゲン対策やライフスタイルの改善等、自己管理を徹底することで症状をよくすることができます。症状にあった対策を行うことで、アレルギーが発生する要因を見極め、診療につなげていくことが大切です。当センターでは、乳幼児から高齢の方まで、アレルギー症状にあわせた幅広い診療を行っています。

 医師案内

 免疫アレルギーセンター開設のご案内(PDF)

対象疾患

気管支喘息、アナフィラキシー、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)など

お知らせ

【杉の舌下免疫療法を希望する方へ】 6月から診療を始めることができます。(PDF)


このページのトップへ