各診療科のご案内

脳神経外科

脳・脊髄・末梢神経の疾患のなかで主に外科的治療を行う疾患を扱っています。当科で診療している主な疾患は、脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)であり、脳梗塞は発症3時間以内であればt−PAを用いた血栓溶解療法を行っています。脳卒中は入院直後からリハビリテーションを実施しており、脳動脈瘤や動脈狭窄に対しては積極的に血管内治療を行っています。
また、脊髄・脊椎・末梢神経の手術を手がけており、頸椎・腰椎の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群の手術を数多く行っています。ほ かに、痛みに対する脊髄電気刺激治療や顔面痙攣・斜頸に対するボツリヌス毒素注射も行っています。
当科では、マスコミでしばしば取り上げられる脳脊髄液減少症の診療を積極的に行っており、全国から多くの患者様が治療を受けに来られます。

 医師案内


このページのトップへ