呼吸器外科

呼吸器外科のご紹介

呼吸器外科で扱う疾患は、食道や心臓・大血管を除く胸部(肺)疾患で、主な担当疾患は肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、嚢胞性肺疾患・気胸、中皮腫、膿胸です。当科ではその診断や外科的治療を中心に担当しています。

当院呼吸器外科は低侵襲手術を積極的に取り入れ、原発性肺がん・気胸・転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍に対する胸腔鏡手術を完全鏡視下で行っている、国内でも数少ない施設です。

当科の胸腔鏡手術は、東海大学呼吸器外科において開発・発展された「二窓法two-window method」と一窓法の一種である「one window & one puncture method」を取り入れています。胸腔鏡手術により侵襲を大きく減じられるようになったため、入院日数は1週間程度まで短くなり、早期の社会復帰も可能ですので、社会生活への負担も軽減されます。

しかし、当科が何よりも重要視しているのは手術を受ける患者様の安全面であり、胸腔鏡手術の適応は十分に検討を重ねたうえで判断しております。胸腔鏡手術のみでなく従来の標準開胸手術も行っており、いずれの場合においても患者様の安全を第一に考えて手術適応を判断し、納得していただけるよう十分なご説明をさせていただいています。

自然気胸に対しては、再発低下・入院期間の短縮などを目的として胸腔鏡手術を行い、早期の社会復帰をサポートしています。当科では、東海大学医学部外科学系呼吸器外科学教室と連携し、患者様にとってより良い治療を提供できるようにしています。

また、肺癌術後の再発防止を目的とした術後補助化学療法についても積極的に取り組んでおります。

 医師案内

 


このページのトップへ