各診療科のご案内

臨床検査部

ご挨拶

〆谷 直人

〆谷 直人

(しめたに・なおと)
Naoto Shimetani

国際医療福祉大学熱海病院検査部 部長
国際医療福祉大学 教授

日本臨床検査医学会認定臨床検査専門医・臨床検査管理医

「臨床検査」という業務は、医療における診断や治療のために必要不可欠で、多くの診療科からさまざまな検査が要求されます。

当院臨床検査部は、生体検査業務を行う生理機能検査部門と検体検査業務を行う検体検査部門とにわかれ、それぞれに多くの検査を実施しています。

各診療科に「正確な検査結果を迅速に提供する」ことを職務とし、早朝から対応しています。また、24時間の緊急検査や輸血にも対応し、夜勤も含め日常業務に多数の臨床検査技師が従事しています。生体検査業務を行う生理機能検査部門と検体検査業務を行う検体検査部門とにわかれ、それぞれに多くの検査を実施しています。

採血室や生理機能検査においては患者様と直接対面することから、医療安全に留意し、患者様の声にも耳を傾けるよう心がけています。また、検体検査では患者様からいただいた血液、尿、痰、便などの検体を用いて、病気の診断に必要な検査を行っています。

臨床検査部は、大学病院における診療、研究にとって重要な役割を果たすべき立場にあります。臨床検査技師は、業務の中で医師と協力して臨床経験を得るとともに、検査品質の維持・向上に精力的に取り組み続けています。さらに積極的に研究会や学会に参加し、研究成果を発表するなどして日々研鑽を積み、日常の検査や医療にフィードバックするために努力しています。

今後も、患者様や医療関係者のご要望にお応えできるよう取り組んでまいります。

理念と方針

理念
いたわりの心を持って迅速かつ的確な検査結果を提供するために検査技術の向上に努めます。

方針
患者様が気持ち良く検査を受けていただくよう努めます。
正確・迅速な検査の実施、報告体制を整備します。
救急医療、診療部門の充実に対応できる検査体制を確立します。
良質な検査を提供するために教育・研修を充実します。

臨床検査室組織図(臨床検査技師)

組織図
このページのトップへ