医師案内

外科

田邉 浩悌

田邉 浩悌

(たなべ・ひろやす)
Hiroyasu Tanabe

外科部長
国際医療福祉大学 病院准教授

消化器外科、外科全般

横浜市立大学卒
前恵生会上白根病院消化器科部長、元平塚共済病院外科部長
厚生労働省認定臨床研修指導医、日本外科学会認定外科専門医、緩和ケア研修修了

胃がん、大腸がんに代表される消化器がんの外科手術および化学療法(抗がん剤治療)に、長年携わっている。また、良性疾患では近年増加傾向にある大腸憩室疾患の治療や、メッシュを用いたそけいヘルニアの手術を日本導入当初より積極的に行い、多くの若手外科医を指導してきた。近年は特に漢方治療を取り入れることにより、術後の愁訴や抗がん剤治療の副作用の軽減、がん患者様の緩和ケアに努めている。


川本 昌和<

川本 昌和

(かわもと・まさかず)
Masakazu Kawamoto

国際医療福祉大学 病院講師

消化器外科(消化器がん)、外科全般

帝京大学卒、医学博士
日本外科学会認定外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア研修修了

消化器および外科全般を担当している。消化器がんの手術と化学療法(抗がん剤治療)を専門としている。疾患の程度や患者様の抱える問題などを十分に考慮したうえで、お一人おひとりに納得いただける治療をめざしている。


後藤 直樹

後藤 直樹

(ごとう・なおき)
Naoki Goto

内視鏡副部長
国際医療福祉大学 病院講師

消化器外科(消化器がん)、外科全般

帝京大学卒
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本医師会認定産業医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

胃がん、大腸がんをはじめとする悪性疾患、胆石症、そけいヘルニアなどの良性疾患、外傷など外科疾患全般について、幅広く診療を行っている。手術後の傷や外傷などの創傷処置に関しては、最新の知見に基づいた治療を行っている。また、胃・大腸内視鏡検査およびポリープ・早期がん切除等の治療も行っている(2016年の胃内視鏡検査は1,200件、大腸内視鏡検査は700件)。検査、治療に際しては、苦痛が少なくかつ正確な施行を心がけている。


沼田 幸司

瀬上 顕貴

(せがみ・けんき)
Kenki Segami

消化器外科<胃・食道・大腸(手術、腹腔鏡、化学療法)>

産業医科大学卒
前済生会横浜市南部病院外科、元神奈川県立がんセンター胃食道外科
日本外科学会認定外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医

外科医として、患者様のお役に立てるのは最良の手術をさせていただくことにある。手術前後の患者様には不安や心配ごとがあると思うが、気軽に相談していただける雰囲気を大事にしていきたいと考えている。


栗原 正輝

栗原 正輝

(くりはら・まさき)
Masaki Kurihara

外科(呼吸器、縦隔)

旭川医科大学卒
前山梨県立病院機構山梨県立中央病院、元国立病院機構東京医療センター
緩和ケア研修修了

患者様が安心して治療を受けられるよう、全力を尽くしたいと考えている。


このページのトップへ