医師案内

血液浄化センター

小野 孝彦

小野 孝彦

(おの・たかひこ)
Takahiko Ono

血液浄化センター長
国際医療福祉大学 病院教授

腎臓内科
漢方内科(腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、高血圧、漢方治療)

滋賀医科大学卒、京都大学薬学研究科修士課程修了、医学博士
名古屋市立大学客員教授
元京都大学医学部附属病院院内講師
日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医、日本透析医学会認定指導医・透析専門医、日本東洋医学会認定指導医・漢方専門医、日本高血圧学会認定指導医・高血圧専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医・内科医、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本医師会認定産業医、インフェクションコントロールドクター

慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎不全などの炎症、あるいは高血圧性腎硬化症や保存期慢性腎不全、さらに血液透析・腹膜透析導入の必要な尿毒症・末期腎不全に対して、標準治療を念頭に置くとともに、患者様お一人おひとりの病状とご希望にあわせて診療を行うことを心がけている。


横山 健

横山 健

(よこやま・たけし)
Takeshi Yokoyama

腎臓内科副部長
国際医療福祉大学 病院講師

腎臓内科(腎臓病全般)

聖マリアンナ医科大学卒、同大学院修了、医学博士
前新百合ヶ丘総合病院腎臓内科・透析内科医長、元川崎市立多摩病院腎臓・高血圧内科医長、元菊名記念病院腎臓内科
日本腎臓学会認定腎臓専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本透析医学会認定透析専門医、厚生労働省認定臨床研修指導医

検尿異常から末期腎不全まで、幅広い分野で的確な診断・治療を行い、地域医療に貢献したいと考えている。腎臓内科は、とりわけ病期が長い慢性疾患を相手にするため、全人的な対応を心がけている。


木村 貴英

木村 貴英

(きむら・たかひで)
Takahide Kimura

腎臓内科

聖マリアンナ医科大学卒
前伊東市民病院後期研修医
日本内科学会認定内科医

伊豆半島の皆様にお困りなことがあれば、腎臓以外でもできるだけお役に立ちたいと考えている。あたたかい医療をご提供できるよう努めている。


青柳 左近

青柳 左近

(あおやぎ・さこん)
Sakon Aoyagi

腎臓内科

福井大学卒
緩和ケア研修修了

腎臓という臓器を中心に医療を学び、治療を行ってきた。今後、患者様に、この病院にかかってよかったと思っていただけるような活動をしていきたいと考えている。


唐仁原 全

唐仁原 全

(とうじんばら・たもつ)
Tamotsu Tojimbara

国際医療福祉大学 医学部教授

移植外科、臓器移植(肝・膵・腎)、腎不全外科

東京医科大学卒、医学博士
前東京女子医科大学腎臓病総合医療センター外科講師
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本透析医学会認定指導医・透析専門医、日本臨床腎移植学会認定医

腎不全患者様に対する外科全般、消化器外科および移植外科を専門としている。腎移植を中心として、将来的には腹部臓器移植全般に対応できる移植外科をめざす。透析関連合併症の外科的治療、内シャント造設などのバスキュラーアクセス手術にも広く対応している。


白井 博之

白井 博之

(しらい・ひろゆき)
Hiroyuki Shirai

国際医療福祉大学 病院教授

移植外科(腎臓を中心とした臓器移植、腎不全患者のシャント手術や血管内治療、難治性肉腫手術など)

鳥取大学卒、医学博士
前東海大学医学部講師、元東京女子医科大学助教
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本透析医学会認定指導医・透析専門医、
日本臨床腎移植学会認定医、日本移植学会認定医、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了

腎臓を中心とした臓器移植、その他、透析シャント手術や臓器不全患者様の手術を中心として担当している。また、他施設と共同して難治性肉腫手術を行っている。


矢嶋 淳

矢嶋 淳

(やしま・じゅん)
Jun Yashima

国際医療福祉大学 医学部准教授

移植外科、臓器移植(肝・膵・腎)、腎不全外科

横浜市立大学卒、医学博士
東京女子医科大学非常勤講師
前東京女子医科大学腎臓病総合医療センター外科助教
日本外科学会認定外科専門医、日本透析医学会認定指導医・透析専門医、日本臨床腎移植学会認定医、日本移植学会認定医、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了

腎移植および透析患者様のバスキュラーアクセス(内シャント造設、人工血管造設など)手術を担当している。透析患者様の高齢化、透析歴の長期化に伴い、血管が大きく病変してくる例も増えているため、求められる外科的手技も高度になってきている。これまでの豊富な経験を生かし、安全かつ適切な治療をご提供できるように全力を尽くしている。


このページのトップへ