医師案内

脳神経外科

篠永 正道

篠永 正道

(しのなが・まさみち)
Masamichi Sinonaga

脳卒中・神経センター顧問
国際医療福祉大学 病院教授

脳神経外科(脳卒中、脳腫瘍、脊髄・脊椎疾患、脳脊髄液減少症)

横浜市立大学卒、医学博士
前平塚共済病院救急センター長・診療部長、元横浜市立大学脳神経外科講師
日本頭痛学会認定指導医、日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本脊髄外科学会認定医

脳神経外科全般の診療を行ってきたが、最近では椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの脊髄・脊椎疾患、胸郭出口症候群、梨状筋症候群、手根管症候群などの末梢神経疾患の手術、痛みに対する脊髄硬膜外電気刺激治療、脳脊髄液減少症の診断と治療を主に行っている。特に脳脊髄液減少症に対するブラッドパッチ治療に定評があり、全国から患者様が受診に訪れている。また、三叉神経痛に対し、グリセリンや高周波によるブロック治療を行い、痙性斜頸や顔面痙攣、頑固な筋硬直に対するボツリヌス毒素注射治療も行っている。


菅野 洋

菅野 洋

(かんの・ひろし)
Hiroshi Kanno

国際医療福祉大学 病院教授

脳神経外科(脳腫瘍、脳卒中、フォン・ヒッペル・リンドウ病、脳神経外科一般

弘前大学卒、横浜市立大学大学院修了、医学博士
東京大学大学院非常勤講師
前横須賀市立市民病院診療部長、元横浜市立大学医学部准教授、元横浜市立大学附属病院脳神経外科部長、元米国カルフォルニア大学サンディエゴ校客員教授
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中認定医、日本がん治療認定機構がん治療認定医、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了

脳神経外科の臨床と研究の第一線で、長期間にわたり、大学病院と一般病院にて従事してきた。専門は、脳腫瘍、脳卒中だが、脳神経外科領域全般を診療している。フォンヒッペルリンドウ病という家族性脳腫瘍の病気を専門としており、全国でも屈指の手術経験を持つ。また、脳腫瘍においても、特に悪性脳腫瘍では長年の治療経験がある。脳や脊髄の病気で心配なことがあれば、ぜひご相談いただきたいと考えている。


このページのトップへ