医師案内

神経内科

永山 正雄

永山 正雄

(ながやま・まさお)
Masao Nagayama

副院長
脳卒中・神経センター長
国際医療福祉大学 医学部教授

神経内科(脳卒中急性期、難治性神経疾患)

東海大学卒、医学博士
国立大学法人島根大学医学部嘱託講師
元米国ミネソタ大学医学部神経内科学留学・博士研究員、元横浜市立脳血管医療センター神経内科部長、元東海大学医学部講師、元国立病院機構東京医療センター神経内科
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本救急医学会認定救急科専門医

日米の大学病院の神経内科や高度救命救急センターで、診療、研究、教育、運営を行いつつ、わが国の診療ガイドライン策定、学術集会主催、国際学会学術協力等を行ってきた。脳卒中、神経難病、てんかんをはじめとする原因・診断不明、治療困難な脳神経疾患の診療の国際的専門家として、患者様の話をよくうかがい、わかりやすくご説明しながら診療している。


梁 成勲

梁 成勲

(やん・しょんふん)
Sunghoon Yang

国際医療福祉大学 病院講師

神経内科(脳卒中、神経内科一般)

弘前大学卒
日本内科学会認定内科医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

脳卒中を中心に、神経内科疾患一般の診療に携わっている。脳卒中、神経感染症、痙攣重責を含む神経救急は、従来と異なり急性期に救急治療が確立されており、その治療に対する期待が大きくなってきた。脳卒中をはじめ、神経救急や原因不明の意識障害まで幅広く診療を行い、脳卒中に関しては予防医学の観点からも診療に携わっていきたいと考えている。


このページのトップへ