よくあるご質問

  • 熱海病院の見学に行きたいのですが、どのように行けばよいですか?

    JR東海道線、東海道新幹線熱海駅から徒歩8分です。新幹線を利用すると、熱海駅まで東京駅から約50分、横浜駅から35分程度で到着します。なお、患者様向けのシャトルバスを熱海駅前から運行していますので、ご利用ください。
    詳細はこちら

  • 臨床研修プログラムの特長を教えてください。

    急性期疾患から慢性期疾患、在宅医療、健診・予防医学への対応に至るまで、医療福祉の全過程を網羅した研修プログラムを揃えているのが特長です。また、当グループでの後期研修を見据えた研修計画を組むことも可能で、東京・関東地区や九州地区の関連病院で、各施設の特色を生かした研修も行えるように相互協力体制を組んでいます。自由度が高く選択肢が広い研修を行っていることも大きな特長です。
    詳細はこちら

  • 指導体制はどうなっていますか?

    厚生労働省の総合診療方式に基づく研修目標に従い、各診療科の指導責任者のもとで、研修プログラムに従って研修を行います。当院は経験豊富な研修医教育担当スタッフが充実しており、専門各科に研修医の受け入れが可能で、親身になった指導を行っています。
    詳細はこちら

  • 指導医は何人くらい在籍してますか?

    指導医講習会を受講している研修指導医が、約30人在籍しています(研修診療科をすべて網羅しています)。

  • 研修計画(研修科目、ローテート順など)はどのようにして決まりますか?

    原則として、必修科目⇒選択必修科目⇒選択科目という順にローテートします。それを基本に各研修医の希望に応じて調整を図り、研修計画を決定します。また、グループ施設全体での研修に応じます。将来の進路に合わせて、効率の良いローテーションを組むことができます。

  • カリキュラム内での選択科などの希望はどの程度聞いてもらえますか?

    希望によって、選択科・選択科のローテート期間(選択期間内で)を決めることができます。また、過去の研修医もグループ他施設や協力機関での研修も、希望に応じて調整します。

  • 救急医療の研修はどのようなっていますか?

    必修科目としては3か月間、救急部門での基本研修を行います。救急告示病院、二次救急輪番施設として地域の救急医療を学びます。また、研修期間を通じて指導医と一緒に4~5回程度の日・当直を行い、救急医療を反復して実践します。

  • 研修医のためのカンファレンスはありますか?

    各診療科で週1回の診療カンファレンスを実施しています。また、院内での学術発表会を隔月に開催しています。

  • 学会や講習会に参加できますか?

    研修医の学会への参加は推奨していて、指導医の指導のもと、発表の一部を担当することもあります。また、過去の研修医も資格取得のための講習会にも積極的に参加しています。

  • 当直は月に何回くらいありますか?

    月平均4~5回程度、内科、外科それぞれ1名ずつ副直として救急対応を行っています。

  • 現在研修中の研修医は何人くらいいますか?

    1年目2名、2年目4名が在籍しています。(平成27年4月1日現在)

  • 研修医室はどのような環境ですか?

    医局内に、各研修医専用のデスクとインターネット環境を整えたパソコン(PC)を設置しています。院内PCでは、電子診療情報「Up To Date」も自由に利用できます。また、各研修医専用の収納があります。医師が自由に休憩できる「医局共有室」には、TVやドリンク、軽食などが用意してあり、ソファも備えつけてありますので、指導医や上級医、研修医同士などとのコミュニケーションの場としても活用されています。

  • 病院見学をしていないと、受験資格は得られないのですか?

    病院見学をしていなくても受験は可能です。ただ、見学をすることで研修環境やプログラム内容などを詳しく知ることができますし、研修する病院を決定するうえで参考になりますので、見学をお勧めしています。

  • 図書室はありますか?

    院内にある図書室には専任の司書が在籍しています。室内には洋書、和雑誌などを用意しています。また書籍取り寄せ等の相談にも応じています。オンラインの文献検索システムや、国際医療福祉大学図書館(本校)のサービスも活用できます。21:30まで利用可能です。

  • 研修医の出身大学は?

    国立大学(東京大学、北海道大学、山梨大学、福井大学、三重大学、島根大学ほか)、公立大学(福島県立医科大学、横浜市立大学ほか)、私立大学(慶應義塾大学、東京慈恵医科大学、昭和大学、日本大学、杏林大学ほか)など、さまざまです。さらに海外の大学を卒業し医師国家試験ライセンスを取得し、初期研修を行っている方もいます。

  • 指導医の出身大学は?

    慶應義塾大学、横浜市立大学、東京医科大学、東京慈恵医科大学、北里大学、東海大学、新潟大学、山形大学などです。

  • 初期研修修了後の進路について教えてください。

    当院やグループ施設で後期研修医(常勤医)として勤務する方、大学医局へ入局する方、その他の病院へ就職する方など、進路はさまざまです。当院やグループ施設での後期研修を希望する方は、面談などの審査の後、専門としたい診療科の後期研修医として勤務することができます。

  • 研修医の宿舎はありますか?

    病院から徒歩で約10分のところに職員宿舎(ワンルームマンションタイプ)があり、研修期間中利用できます。

  • 身分・給与などの待遇はどうなっていますか?

    身分は正規職員(常勤医師)です。給与は1年次が月額400,000円(研修手当50,000円含む)、2年が次月額500,000円(研修手当50,000円含む)で、さらに従事した回数分の当直手当が付きます。
    詳細はこちら

  • 休日について教えてください。

    4週8休制です。その他、夏休み3日間・冬休み3日間、年次有給休暇が1年次に10日間、2年次に11日間あります。
    詳細はこちら

  • 院内保育所はありますか?

    院内託児室があり、日祝日や夜間にも運営していますので、日当直勤務でも安心です。入所の条件や手続きについては、事務局にお問い合わせください。

  • 病院見学会
  • 各診療科からのご紹介
  • 熱海病院
  • 関連病院ネットワーク
  • 後期臨床研修のご案内