前ページへはじめに戻る次ページへ

がんの発見率を飛躍的に上げる最新の検査方法 PET-CT
PETとは
Positron Emission Tomography(陽電子断層撮影)の略で、体を断層画像としてとらえ、病気の原因や病状を的確に診断する新しい検査法です。薬剤を体内に投与することにより、その薬剤が体内を移動して、心臓や脳などいろいろなところに集まる様子を撮影し、臓器の生理的・生化学的機能や悪性腫瘍などの診断を行うものです。

PET-CTとは
PET-CT装置は、病巣部位を確定するPET(陽電子断層撮影)と、病巣場所を判断するCT(コンピュータ断層撮影)による2つの画像を、同時に撮影できる最新鋭装置です。
これにより、病気の有無・位置・転移場所・大きさなどを、1回の全身の撮影で見つけることができ、検査・診断後の速やかな治療計画にも威力を発揮します。
PET-CT


前ページへはじめに戻る次ページへ

国際医療福祉大学 熱海病院
〜PET-CTに関するお問い合わせ〜
国際医療福祉大学 熱海病院 「予防医学センター」
  TEL:0557-81-9176 (月〜土/8:30-17:30)
または、TEL:0557-81-9171(代表)
© 2002. 国際医療福祉大学 熱海病院 (http://atami.iuhw.ac.jp ). All rights reserved.