前ページへはじめに戻る次ページへ

がんの発見率を飛躍的に上げる最新の検査方法 PET-CT
検査の留意点
PET-CT検査は、微小ながんを発見できる画期的なものですが、決して万能というわけではありません。臓器や部位によっては、見つけにくいがんもありますので、MRI、CT、エコーなど他の検査と組み合わせて受診されることをお勧めいたします。

※女性に多い、乳がん・卵巣がん・子宮体がんは自覚症状が出にくく、手遅れになる場合が多く見られます。PETは着衣のまま寝ているだけの検査のため、従来の婦人科検査のような精神的な抵抗感もありません。
発見しやすいがん
乳がん、卵巣がん、子宮体がん、甲状腺がん、大腸がん、すい臓がん、 食道がん、頭頚部がん、肺がん、悪性リンパ腫 など
発見しにくいがん
膀胱がん、尿管がん、前立腺がん、腎がん、胃がん、肝臓がん、
子宮頚がん など



前ページへはじめに戻る次ページへ

国際医療福祉大学 熱海病院
〜PET-CTに関するお問い合わせ〜
国際医療福祉大学 熱海病院 「予防医学センター」
  TEL:0557-81-9176 (月〜土/8:30-17:30)
または、TEL:0557-81-9171(代表)
© 2002. 国際医療福祉大学 熱海病院 (http://atami.iuhw.ac.jp ). All rights reserved.