後期研修医(専攻医)募集

各プログラムの体制

内科プログラム

統括責任者

重政 朝彦

重政 朝彦

国際医療福祉大学グループでは大学附属病院として、最先端の高度専門医療を患者様に提供するために各専門領域の優秀な医師と最新の医療設備・機器を備えております。その中で目指すところは全人的医療であり、地域の住民から信頼され地域医療拠点として貢献できる病院づくりをすすめるため、そのような志を持った指導医の下で高度な専門知識と質の高い診断・治療技術を身につけるとともに、患者様の立場を理解し、地域に根ざした全人的な診療を実践できる医師に成長できることを目指して専門研修を行います。
本プログラムでは、静岡県東部地区の医療圏に加えて近隣医療圏の神奈川県西部地区、さらにはグループ施設の都市部医療圏や異なる県域での地域医療を学べる専門研修を行うよう施設群が構成されており、内科専門医としての臨床能力を高められるとともに幅広い視野を養えられる内容となっております。また、研修要件の中でも重要な剖検症例、JMECCの受講が基幹施設(自施設)にて対応できるため、効率良くかつ効果的に専門研修ができる環境が整っています。

指導医 (重政朝彦)、佐藤哲夫、小野孝彦、永山正雄、北洞哲治、山田佳彦、星野 誠、延山誠一、土方康孝
募集人数 6名
診療内容 診療内容はこちら
プログラム
概要
モデルプラン
詳細はこちら
平成29年度の後期研修については、学会の定める現行制度に即して対応しますので、この部分の記載内容とは異なります。詳しくは担当者にお問い合わせください。
プログラム連携施設 国際医療福祉大学三田病院 ・国際医療福祉大学病院
国際医療福祉大学塩谷病院
・富士市立中央病院 ・湯河原病院 ・伊豆南クリニック

このページのトップへ