後期研修医(専攻医)募集

各プログラムの概要/モデルプラン

内科プログラム

平成30年度の後期研修については、現在申請中の内容に即して対応します。今後の審査段階で内容に変更・修正があることがあります。詳しくは担当者にお問い合わせください。

■プログラムの概要

内科標準コース
内科の領域を偏り無く学ぶ事を目的としたコースで、研修期間の3年間において、内科領域を担当する全ての科をローテーションする。原則として3ヶ月の単位で基幹施設内の8科を3年の間に回り、2年目については、地域医療の経験を目的として、連携施設のローテーションを行う。この際、基幹施設で症例数が不足する領域を重点的に研修する。

Subspecialty重点コース
専攻医が希望するSubspecialty領域を重点的に研修するコース。1年間または2年間を、希望するSubspecialty領域において初期トレーニングを行う。原則として2年目の1年間で希望領域以外の診療科を連携施設でローテーションする。3年目の1年間は、当該Subspecialty診療科において内科研修を継続し、Subspecialty領域を重点的に研修するとともに、充足していない症例を経験する。尚、プログラム運営の都合により、初年度から連携施設での研修を行う場合もある。また、大学院への進学を希望する場合は、本コースを選択のうえ、担当教授と協議して入学時期を決める。

■モデルプラン

@ 内科標準ローテーションコース

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 呼吸器 神経 腎臓 消化器
基幹施設(熱海病院にて研修)/初診+再診外来担当
プライマリケア/救急当直/1年目にJMECCを受講
2年目 地域医療の経験と基幹施設で不十分となる領域を重点的に研修
連携施設/初診+再診外来担当+救急当直
(※施設の選択は、基幹施設において専攻医と面談の上決定)
3年目 アレルギー
・膠原病
循環器 内分泌・代謝 総合内科
基幹施設(熱海病院にて研修)/初診+再診外来担当
プライマリケア/救急当直

A Subspecialty重点コース(2年型例)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 希望するSubspecialty領域の診療科で研修
基幹施設(※状況により連携施設での研修) /初診+再診外来担当
プライマリケア/救急当直
2年目 希望Subspecialty領域以外の診療科をローテーション
/地域医療の経験・症例数が充足していない領域の経験
連携施設/初診+再診外来担当+救急当直
(※施設の選択は、基幹施設において専攻医と面談の上決定)
3年目 希望するSubspecialty領域の診療科で
研修・症例数が充足していない領域の研修
基幹施設/初診+再診外来担当
プライマリケア/救急当直

このページのトップへ