お知らせ

2020.06.08

職員の新型コロナウイルス感染について(続報)

当院の職員1名が2020年5月23日(土)、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。熱海健康福祉センター(保健所)と連携し、濃厚接触の可能性がある入院患者様をはじめ、関連職員全員を対象に、幅広く当院で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査を実施したところ、2020年5月24日(日)までに、全員が陰性であることが判明いたしました。また、調査中であった外来患者様につきましても、2020年5月25日(月)に、全員陰性であることが確認されました。

2020年6月4日(木)で熱海健康福祉センター(保健所)の指導に基づき濃厚接触者として2週間経過観察を行なっていた外来および入院患者様、職員に再度のPCR検査を行った結果、全員陰性であることが確認されました。今回発生した当院職員の感染は本人のみの感染で収まったことをご報告いたします。

今後も当院では検温など職員の毎日の体調管理を継続し、手指消毒、マスク着用などの感染対策をこれまで通り徹底して遵守したうえで、引き続き通常通り診療を行ってまいります。

引き続き、職員一丸となって患者様、ご家族の方、地域の皆様にとって安心・安全の医療体制を構築してまいります。

国際医療福祉大学熱海病院
病院長 池田佳史

お知らせ一覧