お知らせ

2020.07.18

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

当院では入院時に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査を実施しております。今回、感染当日に転倒し緊急入院となった患者様1名が入院当日の検査では陰性であったものの2020年7月17日(金)に新型コロナウイルスに感染されていたことが確認されました。現在、熱海健康福祉センター(保健所)と連携し、入院中の患者様、職員で接触の可能性がある者に対して新型コロナウイルスPCR検査を実施しております。

なお、行政指導のもと、濃厚接触した職員には陽性患者様との最終接触日から10日間の自宅待機を実施することといたしました。陽性となった患者様が使用した施設箇所については感染判明後、直ちに本学の感染管理対策マニュアルに基づき消毒を行っております。

当院では今後とも入院時のPCR検査実施等を通じて、厳重に患者様の体調確認を行ってまいります。院内への感染症の持ち込み対策につきましても、熱海健康福祉センター(保健所)と連携して更なる対策を講じていく所存です。今後も手指消毒、マスク着用などの感染対策をこれまで通り徹底して遵守したうえで、引き続き通常通り診療を行ってまいります。

患者様、ご家族の方、地域の皆様にはご迷惑とご心配をおかけしますことと存じますが、以上につきましてご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

国際医療福祉大学熱海病院
病院長 池田佳史

お知らせ一覧