お知らせ

2021.06.08

熱海市と災害時給水協定を締結

令和3年5月19日(火)、熱海市役所において大規模災害などの非常時に優先的に医療用上水を供給する協定の締結及び記者会見を行いました。災害時には透析医療を含め、水の確保が重要となります。また、当院は2019年4月1日に静岡県では23番目となる災害拠点病院の指定を受けており、災害時の拠点となる医療機関として、重要な役割を担っています。

今回の給水協定締結により、災害時には現在使用している水源が断水した場合でも、別途3か所から水の供給が可能となり、安定的な診療体制を確保することが可能となりました。

池田病院長は会見で「良質な医療を提供するためには水は必須であり、大変心強い」、熱海市斉藤市長は「スムーズに応急給水できるよう平時から施設側と連絡調整することが重要」と述べました。

お知らせ一覧