医師案内

外科

池田 佳史

池田 佳史(いけだ・よしふみ)

Yoshifumi Ikeda

病院長/消化器センター長
国際医療福祉大学 医学部教授

消化器外科(消化器外科領域)、内分泌外科(甲状腺・副甲状腺・副腎)、内視鏡外科(消化器外科領域・甲状腺・副甲状腺・副腎)

慶應義塾大学卒、医学博士
慶應義塾大学客員教授
前国際医療福祉大学三田病院消化器センター長、元帝京大学外科学講座准教授
日本消化器外科学会認定指導医・消化器外科専門医、日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本食道学会食道外科専門医・食道科認定医、日本内分泌・甲状腺外科学会認定専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、アメリカ外科学会Fellow(FACS)、緩和ケア指導者研修修了

病気になると、ご本人だけではなく、ご家族も病気中心の生活に変更されてしまう。大切なことは病気を予防することだが、それでも病気になることはある。また、病気に対する考え方も人によってさまざまである。先進的な知識・技術を身につけ、患者様一人ひとりの声を聞き、患者様やご家族が納得できる医療を一緒に考えながら、気軽にご相談にのっている。

田邉 浩悌

田邉 浩悌(たなべ・ひろやす)

Hiroyasu Tanabe

外科部長
国際医療福祉大学 病院准教授

消化器外科、外科全般

横浜市立大学卒
前恵生会上白根病院消化器科部長、元平塚共済病院外科部長
厚生労働省認定臨床研修指導医、日本外科学会認定外科専門医、緩和ケア研修修了

胃がん、大腸がんに代表される消化器がんの外科手術および化学療法(抗がん剤治療)に、長年携わっている。また、良性疾患では近年増加傾向にある大腸憩室疾患の治療や、メッシュを用いたそけいヘルニアの手術を日本導入当初より積極的に行い、多くの若手外科医を指導してきた。近年は特に漢方治療を取り入れることにより、術後の愁訴や抗がん剤治療の副作用の軽減、がん患者様の緩和ケアに努めている。

首村 智久

首村 智久(かどむら・ともひさ)

Tomohisa Kadomura

消化器外科部長(肝胆膵)
国際医療福祉大学 病院准教授

消化器外科、肝胆膵外科

慶應義塾大学卒
前国際医療福祉大学三田病院消化器センター、元北里研究所病院救急科副部長・外科医長
日本外科学会認定外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア研修修了

肝臓、胆道、膵臓の悪性腫瘍の手術を専門とする。胆のう結石、巨大胆のう胞、膵良性腫瘍の腹腔鏡手術にも積極的に取り組む。また、単孔式の最小侵襲腹腔鏡手術も行っている。栄養をサポートするNST(栄養サポートチーム)にも参加している。

山田 六平(やまだ ろっぺい)

Roppei Yamada

消化器外科部長(消化管)
国際医療福祉大学 病院准教授

外科(消化器外科、外科全般)

弘前大学卒、医学博士
前横浜総合病院、元横浜市立大学外科治療学教室講師、元横浜市立港湾病院、元神奈川県立がんセンター消化器外科、元南カリフォルニア大学薬学部リサーチフェロー、元横浜市南部病院
日本消化器外科学会認定指導医・消化器外科専門医、日本外科学会認定外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本病院総合診療医学会総合診療認定医

わかりやすい説明と丁寧な治療に努めている。

川本 昌和

川本 昌和(かわもと・まさかず)

Masakazu Kawamoto

国際医療福祉大学 病院講師

消化器外科(消化器がん)、外科全般

帝京大学卒、医学博士
日本外科学会認定外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア研修修了

消化器および外科全般を担当している。消化器がんの手術と化学療法(抗がん剤治療)を専門としている。疾患の程度や患者様の抱える問題などを十分に考慮したうえで、お一人おひとりに納得いただける治療をめざしている。

渋谷 駿

渋谷 駿(しぶや・しゅん)

Shun Shibuya

外科(外科全般)

山梨大学卒
前横浜市立大学附属病院、元横浜市立市民病院、元山梨大学医学部附属病院
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医、緩和ケア研修終了

外科全般を担当している。患者様に寄り添い、安心していただけるような診療を心がけている。

後藤 直樹

後藤 直樹(ごとう・なおき)

Naoki Goto

非常勤

消化器外科(消化器がん)、外科全般

帝京大学卒
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本医師会認定産業医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

胃がん、大腸がんをはじめとする悪性疾患、胆石症、そけいヘルニアなどの良性疾患、外傷など外科疾患全般について、幅広く診療を行っている。手術後の傷や外傷などの創傷処置に関しては、最新の知見に基づいた治療を行っている。また、胃・大腸内視鏡検査およびポリープ・早期がん切除等の治療も行っている(2017年の胃内視鏡検査は1,200件、大腸内視鏡検査は700件)。検査、治療に際しては、苦痛が少なくかつ正確な施行を心がけている。