医師案内

脳卒中・神経センター

永山 正雄

永山 正雄(ながやま・まさお)

Masao Nagayama

脳卒中・神経センター長
国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経内科(脳卒中急性期、難治性神経疾患)

東海大学卒、医学博士
国立大学法人島根大学医学部嘱託講師、上智大学生命倫理研究所客員所員
元米国ミネソタ大学医学部神経内科学博士研究員、元横浜市立脳血管医療センター神経内科部長、元東海大学医学部講師、元国立病院機構東京医療センター神経内科
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本救急医学会認定救急科専門医、米国神経学会上級会員(FAAN)、米国内科学会上級会員(FACP)

日米の大学の脳神経内科学講座や高度救命救急センターで、診療、研究、教育、運営、国内外共同研究、国内外診療ガイドライン策定、学術集会主催等を行ってきた。
脳卒中、神経難病、てんかんをはじめとする原因・診断不明、治療困難な脳神経疾患の専門家として、患者様の話をよくうかがい、わかりやすくご説明しながら診療している。

篠永 正道

篠永 正道(しのなが・まさみち)

Masamichi Shinonaga

脳卒中・神経センター顧問
国際医療福祉大学 病院教授

脳神経外科(脳脊髄液減少症)

横浜市立大学卒、医学博士
前平塚共済病院救急センター長・診療部長、元横浜市立大学脳神経外科講師
日本頭痛学会認定指導医、日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本脊髄外科学会認定医

脳卒中の治療には迅速性・継続性が不可欠で、発症3時間以内の血栓溶解治療が普及すれば、後遺症が少ない治療が可能になる。当センターでは急性期から慢性期まで一貫した治療が可能で、病院内の多くの医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、ソーシャルワーカーなどがチーム医療を行い、回復期リハビリテーション病院、家庭医、訪問看護師、行政などとの連携も密である。熱海地区は高齢化が進み、脳卒中の患者数が増えており、特に高齢者の脳梗塞が急増している。当センターでは、今までの経験を生かした地域医療への貢献をめざす。

菅野 洋

菅野 洋(かんの・ひろし)

Hiroshi Kanno

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経外科(脳腫瘍、脳卒中、フォン・ヒッペル・リンドウ病、脳神経外科一般)

弘前大学卒、横浜市立大学大学院修了、医学博士
前横須賀市立市民病院診療部長、元横浜市立大学医学部准教授、元横浜市立大学附属病院脳神経外科部長、元米国カルフォルニア大学サンディエゴ校客員教授
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本がん治療認定機構がん治療認定医、厚生労働省認定臨床研修指導医、緩和ケア研修修了、横浜地方裁判所専門委員

脳神経外科の臨床と研究の第一線で、長期間にわたり、大学病院と一般病院にて従事してきた。専門は、脳腫瘍、脳卒中だが、脳神経外科領域全般を診療している。フォンヒッペルリンドウ病という家族性脳腫瘍の病気を専門としており、全国でも屈指の手術経験を持つ。また、脳腫瘍においても、特に悪性脳腫瘍では長年の治療経験がある。脳や脊髄の病気で心配なことがあれば、ぜひご相談いただきたいと考えている。

中原 公宏

中原 公宏(なかはら・きみひろ)

Kimihiro Nakahara

国際医療福祉大学 病院准教授

脳神経外科・脳卒中科(脳血管障害(脳卒中)、脳神経血管内治療、頭痛専門診療、頭部外傷、脊柱、脊髄疾患、宇宙航空医学)

久留米大学卒、久留米大学大学院修了、医学博士
前高邦会高木病院脳神経外科・脳卒中科部長・副院長、元久留米大学脳神経外科講師
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定指導医・脳卒中専門医、日本頭痛学会認定指導医・頭痛専門医、日本脳神経血管内治療学会認定専門医、日本宇宙航空環境医学会認定医、航空身体検査指定医、日本心血管脳卒中学会実施医

「病気を診る」から「人を診る」全人的な医療を掲げ、疾病の最新情報や最新技術の習得・向上に励んでいる。手術に関しては、最先端の技術を導入し、治療にあたり、リハビリテーションを含め自立支援のサポートを行う一方、関連各科との連携を図りながら、充実した医療の提供に取り組んでいる。

梁 成勲

梁 成勲(やん・しょんふん)

Sunghoon Yang

非常勤

脳神経内科(脳卒中、神経内科一般)

弘前大学卒
日本内科学会認定内科医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

脳卒中を中心に、神経内科疾患一般の診療に携わっている。脳卒中、神経感染症、痙攣重責を含む神経救急は、従来と異なり急性期に救急治療が確立されており、その治療に対する期待が大きくなってきた。脳卒中をはじめ、神経救急や原因不明の意識障害まで幅広く診療を行い、脳卒中に関しては予防医学の観点からも診療に携わっていきたいと考えている。