診療科のご案内

呼吸器外科

呼吸器外科は手術療法を中心に治療を行っています。対象となる疾患は、肺がんや各臓器からの転移性肺腫瘍などの悪性肺腫瘍、胸腺腫を主とする縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫、胸壁腫瘍、気胸・巨大肺嚢胞などの嚢胞性肺疾患、重症筋無力症、膿胸、縦隔炎などです。呼吸器内科と協力のうえ正確な診断を行い、個々の病状に合わせた治療法を行います。患者様、ご家族にも充分な説明を行い、納得のいく治療を受けていただくように心掛けています。

手術に関しては、安全を第一とし、患者様に適した優しい治療を提供するように努めております。

具体的には、

  1. 内視鏡を活用した低侵襲手術:
    胸腔鏡〔補助下〕手術(VATS)による手術創部の縮小・術後疼痛の緩和・呼吸筋の温存
  2. 積極的な拡大手術による根治性の追求・呼吸機能の温存:
    気管支および血管の形成手術、胸壁切除や横隔膜切除
  3. 生活の質(QOL)の重視:
    丁寧な手術の実施による早期離床・術後合併症の減少・早期退院

になります。

また、退院後も患者様の診察においては、患者様との対話を通し、他科の協力も交えてしっかりした経過観察を行うように取り組みます。

胸腔鏡下手術

自然気胸、小型肺がん、転移性肺腫瘍、良性縦隔腫瘍などは、小さな手術創による胸腔鏡下手術を取り入れ、手術侵襲の軽減と早期社会復帰をめざしています。

2つの2センチ前後の小さな切開創のみで手術を行います(図1)。
従来の開胸手術に比べて、美容面・手術時間・出血量・術後の疼痛などの面ではるかに優れた手術法です。

図1.肩甲骨の下角を中心に、その前後に2箇所の創を作り手術します。

比較的手術操作が複雑でない場合は、背部の創をさらに小さくして穿刺創のみで手術を行うこともあります(図2)。

図2.肩甲骨の背側の創を3mmの穿刺創まで小さくした手術法