診療科のご案内

心臓血管外科

外科手術の適応となる一般心臓外科疾患(冠動脈疾患、弁膜疾患、大動脈疾患、先天性心疾患)に加えて、先進医療として心臓移植・肺移植、補助人工心臓、重症心不全に対する再生治療などを行う診療科です。当院での診療では、循環器内科と協力して一般心臓外科疾患に対しての診療を行います。

診察の結果、手術が必要となった場合には、国際医療福祉大学三田病院や専門医療機関と連携し、質の高い医療を提供いたします。

国際医療福祉大学三田病院「心臓血管センター」では、循環器内科、心臓外科、血管外科が協力し、不整脈、狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、高血圧をはじめ、これらが原因となる心不全に対して、最先端の治療機器と充実した診療体制を整備し、心臓病に苦しむ患者様への質の高い医療をご提供しています。心臓外科では、内科的には治療が困難な心臓病及び血管疾患に対する手術が可能です。手術時間を大幅に短縮(従来の手術時間の半分以下)、無輸血手術、早期離床・早期リハビリテーション(手術翌日から歩行及びリハビリテーションを行う)など、患者様にとって最良な外科手術をご提供しています。

下肢静脈瘤のレーザー治療について

当科では、下肢静脈瘤のレーザー治療を行っています。
足に以下の症状があり、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

  • 血管がボコボコしている
  • だるい・重い・疲れやすい
  • ほてる・むくむ
  • 皮膚の黒ずみがある
  • かゆみ・湿疹
  • こむら返り(足がつる)を起こす

下肢静脈瘤のレーザー治療を行っています(PDF)

心臓血管外科 外来診察

毎週【水曜・金曜・土曜】:午前

※休診の情報はお電話にてお問合せください