各診療科のご案内

産科

当科では自然陣痛誘導分娩を採用しており、安全でしかも陣痛による痛みの少ない分娩に努めています。この方法は分娩の前半は自然陣痛で、後半は 自然陣痛に子宮収縮剤を追加して行う独特な計画分娩です。

分娩は子宮口を開くための労働と考えられます。ところが子宮口が1〜2cm開大している分娩の初期では、自然分娩の際の陣痛によって子宮口が開か れる力はとても弱く、陣痛は専ら赤ちゃんを圧迫する力に使われてしまいます。この分娩初期から前半期にかけて、陣痛のエネルギーを子宮口開大のためのエネルギーに効率よく変換する方法が自然陣痛誘導分娩です。安全でしかも痛みが少なく、さらに経過時間の短い分娩を行うことができます。

妊娠37週以降には赤ちゃんは成熟していますので、この方法は妊娠38週前後に施行します。この時期には胎盤機能が良好なため、元気な赤ちゃんが誕 生します。また、妊娠38週に出生した赤ちゃんのほうが妊娠40週(分娩予定日)の赤ちゃんよりも約500g体重が軽いため、産道の抵抗が少なく、安産になりやすいことも特徴です。すでにこの方法で多くの元気な赤ちゃんが誕生しました。当科では、ご主人の立会い分娩が可能ですので、ご家族の方からも喜ばれております。

異常妊娠には、習慣流産、不育症、不妊症、子宮頸管無力症、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、妊娠糖尿病、内科疾患合併妊娠などがあり、これらの異常妊娠に対しても的確な診断・治療を行っています。現在、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になる方の数は減少傾向にありますが、妊娠糖尿病は増加傾向にありますので、本症診断のための検査も行っています。妊娠前後の患者様のあらゆる時期において、健康で快適な生活を送っていただくために、当科は最適な医療をご提供します。

 医師案内


婦人科

※平成21年7月1日より一時休止となっております。


このページのトップへ