診療科のご案内

産婦人科

当院では安全で、より安楽な分娩、そして皆さまが納得できる出産体験をしていただけることを目指し支援しております。出産では、妊婦さんご自身がお産に関する正しい知識を持ち、前向きな気持ちで出産に臨むことが大切です。当院では産科専属スタッフが皆さまのサポートをさせていただきます。

産科

当科では自然陣痛誘導分娩を採用しており、安全でしかも陣痛による痛みの少ない分娩に努めています。この方法は分娩の前半は自然陣痛で、後半は 自然陣痛に子宮収縮剤を追加して行う独特な計画分娩です。

分娩は子宮口を開くための労働と考えられます。ところが子宮口が1~2cm開大している分娩の初期では、自然分娩の際の陣痛によって子宮口が開か れる力はとても弱く、陣痛は専ら赤ちゃんを圧迫する力に使われてしまいます。この分娩初期から前半期にかけて、陣痛のエネルギーを子宮口開大のためのエネルギーに効率よく変換する方法が自然陣痛誘導分娩です。安全でしかも痛みが少なく、さらに経過時間の短い分娩を行うことができます。

妊娠37週以降には赤ちゃんは成熟していますので、この方法は妊娠38週前後に施行します。この時期には胎盤機能が良好なため、元気な赤ちゃんが誕 生します。また、妊娠38週に出生した赤ちゃんのほうが妊娠40週(分娩予定日)の赤ちゃんよりも約500g体重が軽いため、産道の抵抗が少なく、安産になりやすいことも特徴です。すでにこの方法で多くの元気な赤ちゃんが誕生しました。当科では、ご主人の立会い分娩が可能ですので、ご家族の方からも喜ばれております。

異常妊娠には、習慣流産、不育症、不妊症、子宮頸管無力症、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、妊娠糖尿病、内科疾患合併妊娠などがあり、これらの異常妊娠に対しても的確な診断・治療を行っています。現在、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になる方の数は減少傾向にありますが、妊娠糖尿病は増加傾向にありますので、本症診断のための検査も行っています。妊娠前後の患者様のあらゆる時期において、健康で快適な生活を送っていただくために、当科は最適な医療をご提供します。

婦人科

※平成21年7月1日より一時休止となっております。

産科外来

妊婦健診

産科医師が妊婦健診を行っています。
妊婦健診では毎回超音波検査を実施しています。また、超音波画像のDVD録画を無料で行っています。(DVDは産科受付カウンターで配布しています) 赤ちゃんの向きなど条件が揃えば3D/4D画像の撮影も行っています。
妊婦健診後に必要時、産科スタッフが生活や食事指導など、出産に向けてのアドバイスを行っています。医師には話しにくいことなど何でもお気軽にご相談ください。

里帰り分娩

当院では里帰り分娩も受け付けております。
事前の来院は不要です。

受診までの流れ
  • 電話で分娩予約をする(分娩についてくわしくお話させていただきます)
    今受診している病院の医師に里帰り分娩について報告をする

  • 28~30週までの健診は今の病院できちんと受ける

  • 最後の健診(28~30週頃)で、紹介状、検査データを準備してもらう

  • (帰省後の)当院への来院日の目処がついたら電話で受診可能日の確認をする

  • 32~34週までにはご実家等への帰省を完了し、当院の妊婦健診を受ける
    持ち物:前医からの紹介状、今までの検査結果、母子手帳、保険証、当院の診察券(持っている方)

出産準備クラス

予定日ごとに、妊娠初期・中期・後期の3回コースで出産準備クラスを開催しています。
ご主人様(パートナー)、上のお子様、実母様など付き添いの方もご一緒にご参加いただけます。

クラス➀妊娠6ヶ月 クラス➁妊娠8ヶ月 クラス➂妊娠9ヶ月
日程 偶数月第1土曜日 偶数月第2土曜日 毎月第4土曜日
場所
時間
当院地下大会議室
受付:13:00~
開催:13:30~15:30"
内容 ・妊娠楽しもう
・妊娠中の栄養
・歯科医師のお話
・母乳のお話
・赤ちゃんとの生活
・妊娠中の注意
・産科病棟見学
・入院から分娩までの流れ
・当院の分娩方法について
・お産のすすみ方、すごし方
担当 助産師/看護師
栄養士
歯科医師、歯科衛生士
助産師/看護師 助産師/看護師

母乳育児支援外来

国際認定 ラクテーション・コンサルタントの資格を持つベテラン助産師を中心に病棟助産師・看護師が担当する「育児に関するお母さんの悩みに寄り添う外来」です。

乳腺炎などの母乳トラブルや育児相談など行っています。
他院で出産された方も受け付けております。

料金:3000円(別途初診料がかかる場合がございます)
完全予約制のため、お電話でお問い合わせください。

産科病棟

当院の分娩スタイル(計画分娩)

院では現在、基本的に計画分娩をさせていただいております。妊娠経過、過去の妊娠・分娩などの状況を踏まえ、妊娠37週以降、妊婦健診で行う内診所見を参考にしていきます。子宮口の開き具合、赤ちゃんの下がり具合など毎週確認しながら、十分にお産の準備が整っているところで分娩日を決定します。医師の判断で妊婦さん、赤ちゃんの安全を第一に考え、妊娠継続が好ましくないと判断された場合には、分娩の準備が整っていなくても誘発分娩が必要になってくる場合もあります。そういった特殊な場合には、医師から詳しい説明があります。
分娩日が決まるのは、おおよそ早くて1週間前、遅くて当日~2、3日前となります。
妊婦さん、赤ちゃんの安全から、妊婦さんのご希望に添えない場合があることをご了承ください。
計画分娩・誘発分娩という言葉を聞くと、自然分娩からかけ離れたイメージをもたれる方も少なくないと思います。特に陣痛促進剤に関しては、否定的な情報も数多くあり、恐怖感を持つ方も少なくありません。しかし、陣痛促進剤は自然分娩でも身体から分泌される物質であり、十分な管理の下で正しく使用すれば問題はありません。

立会い分娩

産婦さんに、よりリラックスした状態でお産していただき、新しい生命の誕生をご家族で迎えていただくために、ご主人様(パートナー)の立会いを行なっております。特に教室の参加などの条件はありませんが、できるだけ出産・育児について、ご夫婦でよく話し合いをなさってから、立会いをお願いします。

※帝王切開の場合や、医師の指示にて立会いができないケースもあります。

母乳育児と母子同室

私たちはできるだけ多くのお母さんに、母乳で育てていただきたいと考えています。お母さんから分泌される母乳には、そのお母さんから生まれた赤ちゃんにとって、必要な栄養、免疫などが含まれている完全無欠なものであると言われています。
そして、お母さんと赤ちゃんとの肌と肌との触れ合いが行われる母乳育児では、親子の情緒的な結びつきにも大きな影響を与えます。当院では分娩後、母子に問題がなければ分娩台にいる分娩直後から母乳を与えていけるよう支援しています。

産後は、授乳や育児をスムーズに開始できるよう、母子同室をおすすめしています。赤ちゃんと一緒に生活することで、赤ちゃんの生活リズムや要求、赤ちゃんのからだの観察ポイントなどを知ることができます。さらに、赤ちゃんとの親密性が増し、母子の愛着が進むと言われています。母子同室とし、赤ちゃんの欲求に合わせて母乳を与えることで、母乳育児をよりスムーズに開始することもできます。そのため、安心して自宅に戻ることができるでしょう。また、助産師・看護師が母乳の飲ませ方、オムツの替え方、お風呂の入れ方など赤ちゃんのお世話についてお話していきます。
始まったばかりの育児ではたくさんの不安があるのは当たり前です。そんな不安にも寄り添いたいと私たちは考えています。

入院中の生活

当院では原則、個室でお過ごしいただきます。(混雑状況により、大部屋の場合あり) 正常分娩は産前・産後7日間、帝王切開は産前・産後10日間の入院となります。
いずれもお母さんと赤ちゃんの状態により、スケジュールは変わることがあります。

面会について

赤ちゃんとは、ガラス越し面会となりますので、ご了承ください。
ご主人様(パートナー)のみお部屋への入室、赤ちゃんとの直接面会を許可させていただいています。
産後のお母さんの体は夜間もある授乳や貧血や疲労で休息を必要としています。皆さんでお祝いしたいお気持ちもお察ししますが、お母さんの回復のため、ご面会は短時間でご協力お願いいたしております。また、ご家族やご友人とのご面会は、感染予防の対策として、面会ホールでお願いしています。

分娩費用について

当院での分娩費用は以下の通りです。

入院期間 費用
正常分娩 7日間 約55万円
帝王切開 10日間 約60万円

原則、出産一時金直接支払い制度(健康保険から支給される出産一時金を病院が直接受け取る制度)を利用していただいています。
帝王切開が予定されている方は、事前に保険証発行元で限度額認定書の手続きをお勧めします。
当院で分娩ご希望される方は、分娩保証金(入院保証金):10万円を、予定日1ヶ月前までに納めていただいております。
詳しいご説明は入退院窓口へお問い合わせください。

お問い合わせ先

0558-81-9171(代)
時間:平日 8:30~17:00

  • ※妊婦健診、分娩予約、里帰り分娩などに関する問い合わせ:産科外来
  • ※分娩費用などに関する問い合わせ:入退院窓口
  • ※母乳育児支援外来の問い合わせ:4階産科病棟

4階産科病棟スタッフ