診療科のご案内

教育体制

新人教育体制

薬剤部では、薬剤師としての基礎や業務を着実に身につけられるカリキュラムを整えています。処方せんの流れ、調剤(内服・注射)の方法、鑑査方法、さらには窓口業務や電話対応、電子カルテの使い方等、業務内容を網羅したチェックリストを用いて指導内容を薬剤部全体で共有し、全員で新人を育成する体制作りをしています。

プリセプター制度

プリセプター制度を採り入れています。プリセプター制度とは、プリセプター(先輩薬剤師)がプリセプティ(新人薬剤師)をマンツーマンで教育・指導する制度です。プリセプターは3~5年目の薬剤師としているため、新人との年齢も近く仕事の悩みなどを相談しやすい環境です。

また、月に1回程度プリセプターとアソシエイト(新人指導主担当)を中心に新人業務の進行状況やモチベーションなどを確認するプリセプター会も行っています。プリセプターへのフォロー体制も整え、新人の性格や成長度などに合わせて柔軟な指導ができるような工夫もしています。その他にも定期的にテーマを決め、新人発表会の開催や先輩薬剤師による勉強会を行う等、薬学的知識の向上にも寄与できるよう取り組んでいます。

専門薬剤師の育成やバックアップ体制について

近年、医療の高度化により各分野での専門性が増していく中、特定の領域や課題について専門薬剤師を育てようとする動きが活発となっています。
薬剤師においてもがんや感染制御など様々な領域で、認定や専門制度が実施されています。

当院では感染制御専門薬剤師をはじめとして専門・認定取得者がそれぞれの分野で医療チームの一員として活躍しています。また、資格取得の為の学会研修会への参加、他施設への研修の奨励など、育成の為のバックアップ体制も整備しています。新たな分野での専門認定薬剤師の養成も積極的を進めており、当院の医療に貢献しています。

実習生受け入れ

「薬剤師としての知識、技能、態度を総合的に学び、臨床の場で活かせる指導」をテーマに、毎年薬学部実習生を受け入れています。モデル・コアカリキュラムに準じて、当院薬剤部の特色を活かしたオリジナルの指導カリキュラムを作成しています。また、定期的な面談などを通じて、学生の日々の疑問や相談に対して、迅速に応じることが出来るように心掛けています。
本大学の学生以外にも「病院・薬局実務実習地区調整機構」からの実習生を受け入れています。

実習生受け入れ実績

年度 受け入れ人数
平成22年度 15名
平成23年度 14名
平成24年度 15名
平成25年度 6名
平成26年度 15名
平成27年度 11名
平成28年度 18名
平成29年度 9名